FC2ブログ
DSC0664720150903194741.gif
こちらは、トリッカーズの代名詞的存在のカントリーブーツです。ヒールの交換にお持ち込み下さいました。
DSC0664820150903195043.gif
DSC0664920150903194851.gif
問題のヒールはこの様な状態です。ヒールのすり減りに加えて、コバの色が抜けてかなりくたびれた印象です。

トリッカーズのコバは刷毛でペンキをべた塗りした様な仕上げで、色を塗ると言うよりは色を乗せると言った印象で、擦れたり、雨で濡れたりすると剥げてこの様な状態になってしまいます。
DSC0665020150903194841.gif
ヒールのすり減りはゴムを超えて、積み革も削れているので、ダメージのある部分は全て取り去りました。
DSC0665220150903194832.gif
そして新しく積み革を貼りました。しかし、このままでは地面にしっかり接しません。
DSC0665320150903194823.gif
原因は、積み革がソール底面の丸みを拾って出っ張ったお腹が邪魔をしているからです。
DSC0665420150903194750.gif
しっかりとヒールが地面に接する様に出っ張ったお腹を削り落としました。

私共の仕事は、単純に消耗したパーツを新しいパーツに交換すると言う事では有りません。状況を正しく見極めて、知識と経験と感を元に手を動かした結果、新しいパーツに交換しても今まで同様、若しくはそれ以上に快適に履ける状態に持って行く事です。
DSC0665520150903194924.gif
結果、ご覧の様にヒールがしっかりと地に着く様になりました。
DSC0665620150903195046.gif
DSC0665820150903195105.gif
そして、ここでやっと新しいダイナイトヒールを貼ることが出来ます。
ヒールを貼って、余分な部分を切り回して、削り、形を整えるとご覧の様な状態になります。
DSC0666320150903202152.gif
そして、 オリジナルと同色のインクで色を重ね塗りして、バフ掛けをして艶を出して、要所にコテをかければ完成です。
DSC0666520150903202121.gif
ヒール交換ついでにコバ周りも一緒に色を入れて見事復活です。全く別の靴の様に見えますね。

コバ、ヒールの色艶が如何に見た目の印象を左右するかを感じて頂けたかと思います。特にこの靴の様にコバの側面が広いダブルソールの靴等では顕著です。

以上、今回の修理は積み上げ交換¥1000、ダイナイトヒール交換¥2400、合計¥3400也。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/954-6515b7e2