DSC0732220160912161519.gif
コチラはレッドウイングのベックマンです。ハーフソールの劣化とヒールの擦り減りで修理の御依頼です。
DSC0732420160912161511.gif
問題の靴底はこのような状態です。ハーフソールはウレタンゴムの様で耐摩耗性はありますが、経年劣化によりひび割れて来たりもします。
DSC0732520160912161501.gif
劣化を止めたり、劣化した物の上に何かしら継ぎ足したりと言う事はできませんので、劣化した部分は取り除きます。
DSC0732720160912161452.gif
ハーフソールにも出し縫いがかかっていたので、取り外す事で全て出し縫いが切れますので、それも全て取り除きます。
DSC0732920160912161443.gif
そして、できる限りオリジナルに近い形で仕上げる為に選択した素材はコチラです。元の形状に近いビブラムのタンクハーフソールとホワイツの純正でも採用されているQUABARGヒールです。
DSC0733020160912161432.gif
ヒールはQUABARGのみではオリジナルの高さには足りないので、革の積み上げを挟んでヒールの高さを合わせています。
DSC0733220160912161415.gif
DSC0733120160912161424.gif
そして、出し縫いを縫い直せば元通りです。
DSC0733420160912161406.gif
DSC0733320160912164541.gif
オリジナルの雰囲気を崩さずに靴底をリフレッシュです。

以上、今回の修理はハーフソール¥2700、出し縫い縫い直し¥1800、QUABARG¥2800、積み上¥1000、TOT.¥8300也


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bontajp.blog134.fc2.com/tb.php/993-4e0dc0d0