DSC0757420170318171557.gif
コチラは、ジャランスリワヤの靴です。インドネシアで作られる本格靴です。

素材は欧州の高級靴店でも用いられるカーフが用いられており、製法はビスポークシューズも顔負けのハンドソーンウェルテッド製法です。しかし、価格は手頃で非常にコストパフォーマンスの高い靴です。
DSC0757520170318171758.gif
しかし、この靴にも弱点はあります。

先ず、出し縫いの弱さです。出し糸が擦り切れると必ずと言っていい程、糸がほどけてきます。
DSC0758620170319000914.gif
原因は出し糸にあります。写真左が元の糸。右が修理で使っている糸です。
素材も太さも異なります。オリジナルは細いナイロンの糸です。そして、修理に用いている糸は太い麻糸にチャン(松脂)を浸透させた糸です。ナイロンの糸自体は引っぱりには強いのですが、擦り切れやすく、チャンが入っていないため擦り切れてしまうと、滑って簡単に解けてしまいます。
DSC0757820170318171733.gif
そして、ソールの耐久性はイマイチで、すり減りが早いです。雨の日に履くとあっという間に穴が開きます。
DSC0758320170318171928.gif
DSC0758420170319000843.gif
そして中に詰めてあるコルクが必ずと言っていい程砕けてぼろぼろになっています。靴底に穴が開いている靴の場合は、砕け落ちて靴の中が空っぽになって、中底が完全に沈み込んで、サイズが緩くなる原因になっている場合もあります。
DSC0758220170318172449.gif
DSC0758120170318172501.gif
DSC0758020170318171724.gif
そして、底付けのバランスの悪さです。

ヒールのサイズやコバの出幅やフマズのエグリ等、もう少し意識を持って形作ればより良い靴になります。

以上、弱点の全てはオールソール時に素材やバランスを意識をしながら作業すれば改善できて、仕上がりは欧州の中堅ブランド靴かそれ以上の仕上がりを見込めます。

アンティークシューズにはこの逆で、底付けのバランスやソールの質等は秀逸な物を目にする事がありますが、アッパーの素材が顔料厚塗りで、交換のしようが無い部分が残念と言うパターンもあります。

この事から、価格含めカスタムベースとしては最高の靴と言えるのではないでしょうか?
DSC0758920170319000947.gif
と、言う事で先ずは砕け落ち難い板コルクで中物の詰め替えです
DSC0759120170319001213.gif
そして、ソールを貼って縫いをかけました。元はフマズより前はオープンチャネルでしたが、ちゃんと1周ヒドゥンチャネルで仕上げます。

そして、この靴の特徴の1つですがフマズ部分のみマッケ縫いになっております。こうする事でフマズをえぐる事ができます。

しかし、元の状態では折角のフマズマッケ縫いですが、フマズのえぐりはイマイチでした。
DSC0759720170319001516.gif
その残念なえぐりに修正を加えました。写真左は修正済み。右が修正前です。フマズのえぐりに変化が出たのが御解り頂けますでしょうか?

更に、一番幅の広い部分の見直しをして接地部のコバの形状も修正しております。
DSC0760720170319012226.gif
DSC0760520170319012235.gif
更にコバの出幅もバランス良く整えました。

写真上は修正前。下は修正後。不均一な出幅のコバが、ある程度均一に控え目な出幅のコバになりました。
DSC0760820170319002441.gif
そしてこんな感じで仕上がりました。フマズの感じやヒールのサイズの変化で雰囲気も変わったのがお分かりいただけますでしょうか?
DSC0757720170318171749.gif
DSC0760920170319002429.gif
写真上はフマズ部分の修正前。下は修正後です
形状、厚みの変化で側面からの見た目の印象も大きく変わりました。
DSC0761220170319002328.gif
DSC0761420170319002344.gif
横顔の変化ご覧下さい。前出の横顔写真と比較頂くとかなりの変化を感じて頂けるかと思います。
DSC0761020170319002357.gif
更にコバ上面にウィールをかけ直して、見た目が引き締まりました。

恐らくこの靴の定価の倍程する靴に引けをとらないワンランクアップの仕上がりになったかと思います。
オールソール価格+¥2000で底付けバランスの再考させて頂きます。

どこか見た目のバランスが悪いなと感じる靴をお持ちの方、オールソールのタイミングで一度ご相談下さい。






DSC0751420170111180043.gif
以前御紹介した青カビに侵されたこのオールデンのチャッカーブーツですが、見事復活を遂げました。
DSC0752320170201162134.gif
表の状態は酷い物でしたが、靴の中は至って健康です。人に例えると体は汚れ、傷付き、酷い状態ではあっても、内蔵は問題無しと言った感じです。

ですので、問題のある外面をどうにかすれば、気持ちよく履いて頂ける状態に戻ると言う事で修理を進めて参ります。
DSC0752420170201162220.gif
最も心配だったウェルトの付け根の裂けですが、実際にウェルトを外してみるとストームウェルトで隠れた部分まで破損しておりました。
DSC0752920170201162656.gif
このアッパーの破損もウェルトを外す事で手を入れる事ができる様になりますので、補強後に再度ウェルトを縫い直せば問題ございません。

しかし、この靴の場合は破損箇所が広範囲に及び、補強する範囲も広かった為、ストームウェルトから1ミリ程補強革が顔をのぞかせております。

これは、状態によっては完全にウェルトの中に入り込んで見えなくなる事もありますが、今回は残念ながら見えてしまっています。本人と修理をした人にしか解らないレベルだと言う事を事前に説明し、御客様にはご了承の上修理を進めさせてもらっています。
DSC0753020170201162645.gif
そして、靴底を縫いました。左足爪先内側にある先ほど補修箇所も言われない限り気にならないと思います。
DSC0753120170201162637.gif
そして、カカト周りの擦り切れたライニングも補修して復活です。
DSC0753220170201162627.gif
ヒールを積み上げて形になりました。今回はダイナイトソールに交換して雨対策です。
DSC0753320170201162619.gif
DSC0753520170201162602.gif
DSC0753720170201162610.gif
最後は、修理に入った時にカビを拭き取り、徐々に水分、油分を浸透させて、潤いを得て柔らかくなったアッパーを磨き上げれば完全復活です。

以上、今回の修理は、オールソール交換ダイナイトWソール ¥12800、アッパー補強¥4000、カカト内ライニング補修¥2500、小指内ライニング補強革パッチ¥2000、仕上げ直し¥1500 Tot.¥22800也

下駄箱の隅っこで眠らせている靴の復活御手伝いします。どんな状態でも気兼ねなくご相談下さい。
DSC0751420170111180043.gif
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

本年一発目から、強者がやって参りました。

永年履かずに下駄箱の片隅に眠っていたオールデンのチャッカーブーツを御持ち込み頂きました。

見ての通り、全体が青カビに侵された状態です。
DSC0752020170111180149.gif
そして、靴の内側も擦り切れて穴が開いています。
DSC0751520170111180236.gif
ダブルソールの靴ですが、ソールはすり減って、シングルソールよりも薄くなっています。
DSC0751820170111180158.gif
アウトソールは雨で濡れて、乾燥する時に縮んでミッドソールやウェルトよりも一回り小さくなっています。
DSC0751720170111180208.gif
ウェルトの付け根は革が乾燥して裂けてしまっています。

こんな靴ですが、何とか復活させます。

また順を追って紹介させて頂きます。本年も旧年に引き続き、どうぞよろしくお願い致します。




DSC0743720161024102151.gif
コチラの靴はソールがボロボロで履き様のない状態で御持ち込み下さいました。
DSC0743820161024102204.gif
問題のソールはこの様な状態です。ウレタンソールが過水分解して、手で触るだけで砕け落ちる状態です。ウレタンは、丈夫な素材ですが、靴を履かなかったとしても、置いておくだけで経年の加水分解によってこの様な状態になってしまいます。
DSC0744320161024102359.gif
靴の製法はグッドイヤー製法ですので、靴底以外の部分に問題がなければ、問題なく修理することができます。

今回は、御客様が希望の仕様を簡単な絵にして御持ち込みくださいましたので、御希望の仕様での完全復活を目指します。と、言う事で靴底は勿論、雰囲気に欠けるプラスティック製のウェルトも交換するので外しました。
DSC0744620161024102349.gif
そして、本革ウェルトでリウェルトです。
DSC0746920161024102422.gif
そして、ソールの貼り合わせです。今回の仕様は5mmのソールにVibramのタンクハーフソール#2333になっております。
DSC0748320161024102637.gif
そして、ハーフソールも一緒に縫い上がりです。フマズはチャネル仕上げで、縫い目がソールの中に隠れて見えませんが、しっかりと縫われております。
DSC0748420161024102630.gif
そして、ヒールは革の積み上げをはさんでトップリフトはVibram#4333です。ハーフソールとの相性はいい感じですね。
DSC0748920161024102622.gif
DSC0748820161024102601.gif
そして、靴底、コバを磨き上げて、色を入れない素上げで完成です。
DSC0749020161024102612.gif
仕上がりはこんな感じです。恐らくオリジナルを凌駕した仕上がりとなったはずです。

以上、今回の修理は¥21500也。

デットストックの靴や、長期保管していたヴィンテージシューズを履こうと思うと靴底が砕ける様な場合、製法によってはこの靴の様に完全復活も可能です。アッパーのデザインが気に入っていて、革の状態がいい靴なら処分する前に是非ご相談下さい。それは、最高のレストアベースです。

錆びだらけのクラシックカーをピカピカの新車の様にレストアする感覚で、復活させて見せます。


DSC0747020161020183753.gif
コチラはオールデンの人気モデルのタンカーブーツです。買って間もないとの事ですが、残念な事にフックがぐらぐらで心配とご相談頂きました。
DSC0747320161020183735.gif
DSC0747220161020183744.gif
問題のフックはこのような状態です。緩く打ち込まれて浮いており、くるくる回ってしまいます。
DSC0747420161020183720.gif
DSC0747820161020183703.gif
裏はこの状態です。開いて中を見てみるとフックはアッパーのみに固定されている状態です。しかも、菊割りと言う止め方ですが、肝心の菊割りが割り切れていないのです。

写真で見て取れる様にアッパーの裏には補強のガラス繊維のテープが入っておりますが、紐を締め付ける度にアッパーにテンションがかかり続ける訳ですから、いつかはフックが抜けるか、最悪のケースではフックが抜ける事でアッパの内側から革を裂いてしまうかも知れません。

では、何故このつくりにしたのか?

足当りの問題?タンがあるからフックの裏が足に足あたる事は無い。
菊割りを見せたく無かった?下の鳩目の菊割りは丸見え
ミシンで縫いやすい様に?逆に縫い難くなっている。
等々.......。

色々考えましたが、納得のいく理由が見つかりません。

取り敢えず、現状のままでは良く無いと言うのは確かですので、最も理にかなった形で修理しようと思います。

DSC0747620161020183710.gif
一先ず全てのフックを外しました。
DSC0748020161020183648.gif
そして、新しいフックをライニングまで貫通させて座金で固定しました。

これで、テンションはアッパーだけでなく、ライニングにも逃げてくれる上、菊割りよりも外れにくく、安心して履いて頂けるかと思います。
DSC0748120161020182743.gif
以上、今回の修理はフック交換1コ¥300也。

今回はフックをフックに交換しましたが、靴によっては鳩目をフックにする事も可能です。脱ぎ履きが面倒な丈の長いブーツの上の鳩目をフックに変えると脱ぎ履きもしやすくなりますよ。