BontaBonta

お盆避てゆっくりできると思ってたら、雨で傘持って旅行。少し余裕見て家出たのに、普段混まない所で事故による渋滞。先乗りの家族との合流の約束に間に合うか微妙...。先が思いやられるスタート。
08-18 10:39

スポンサーサイト
DSC0781520170816112949.gif
オールソールに関してよくお問い合わせ頂く事がございます。

それは、オプションに関してです。『ヒドゥンチャネルにした場合は?』・『飾り釘は?』・『コルクを詰めて直して欲しいけど?』....等です。

基本的にこの辺りは全てオールソールの費用に含まれます。実際にオールソール交換をご依頼頂いたこの靴を参考に、オールソール交換の内容をご覧下さい。
DSC0781920170816113308.gif
当たり前ですが、靴をばらします。
DSC0782320170816113252.gif
DSC0782520170816113244.gif
靴をばらしたままでは、出し縫いの糸は残ったままですので、一目一目糸を抜きます。
お店によってはこのまま抜かずに仕上げるところもあります。靴として履くには問題ありませんが、ウェルト上面の仕上がりが汚くなってしまうので、抜ける糸は必ず抜く様にしております。
DSC0782020170816113259.gif
そして、コルクが砕け落ちていたので充填し直します。
コルクを詰め直して、ソールの仕上がり形状を意識して、詰め込んだコルクを削ります。接地面以外、シャンクの上などはコルクの詰め方で履き心地に影響が出る場所では無いので、靴によってはコルクが入っていない場合もありますが、先ほどの出し糸の話同様、最終的なソールの仕上がり意識して、コルクを詰め、削り奇麗な底面形状を作っています。
DSC0782620170816113236.gif
DSC0782720170816113229.gif
そして、ソールを貼ります。このソールも貼る前に仕上がりをイメージして、フラットな革を曲げて、ある程度ソールの底面形状のクセ付け後貼ります。フラットなソールが接地部分だけが地面についており、爪先やフマズ部分が浮いている事からおわかり頂けるかと思います。
DSC0782820170816114320.gif
DSC0782920170816114351.gif
そして、ウェルトの出幅に合わせてソールを切り回し後、ヒドゥンチャネルの加工をして、出し縫いです。
加工で掘った溝に出し縫いが納まります。
DSC0784320170816114305.gif
DSC0783020170816114335.gif
そして、出し縫いが終わったら革を伏せ戻します。出し縫いは、先程のミシンの写真を見て頂いたらわかるかと思いますが、靴底側を見ながら縫う事になります。ですので、一目ずつウェルト上面から穴を見て縫う事は不可能で、100%同じ穴を拾う事は難しいのです。しかし、極力同じ穴を拾う様にミシンを調整をすれば100%に近い確率で穴を拾う事が可能な場合もあります。

この靴に関しては100%に近い確率で元穴を拾えています。
DSC0784620170816114228.gif
DSC0784720170816114221.gif
ヒールを積み上げて、化粧釘を打ちます。化粧釘は真鍮釘で、柔らかく、歩いているうちにヒールと共に削れてくれるので、鉄くぎより滑り難いです。
DSC0785220170816114245.gif
DSC0785320170816114236.gif
後は、ソール、ヒールを削り、形を整えて、ソールを磨き上げればソールは完成。
DSC0785620170816114134.gif
最後は作業中にホコリにまみれたアッパーを磨けばオールソール交換の作業終了です。
DSC0786120170816114012.gif
DSC0785920170816114043.gif
ヒールやコバもしっかり磨き上げて、要所にコテ掛けをして引き締まった見た目に仕上がっております。

以上がオールソール交換の作業です。当店でオールソールと言えば最後の磨きまでの全ての工程が含まれます。費用は¥10800

価格の変動はあくまで素材の違いです。例え¥10800のレザーソールを選択されても、¥17000のソールを選択されても作業内容は全く同じです。あくまで素材の違いです。

勿論、素材が変われば履き心地や耐久性に違いは出て来ます。しかし、同じ作業工程ですので、仕上がりの見た目の違いと言う点ではソールの色や若干の厚みの違いです。

どうぞ、オールソールをお考え中の方は参考になさって下さい。



もうそろそろお盆ですが、当店8月はイレギュラーな営業となります。
通常通り、日、月、祝日の休みに加え、8月18日~23日迄は夏休みを頂きます。
巷のお盆休み期間中(日、月、祝は除く)は営業しておりますが、8月12日~17日は12時~18時迄の営業となります。
非常にややこしく申し訳有りませが、ご来店の際はお気をつけ下さい。
DSC0779220170802174055.gif
革を木型に沿わせて、革に靴の形を覚えさせる作業を釣りこみと言います。

縫い上がったアッパーをいきなり釣り込んで行く事が多いのですが、時々そうは行かない場合がございます。

それは、デザイン的に革にかなりのテンションを加えて釣り込む必要がある場合、または革自体の強度があっても引っぱりに弱い(裂けやすい)場合です。

デザイン的に革にかなりのテンションをかける必要がある靴としては、ホールカットやセンターシームの無いジョッパーブーツ等です。ジョッパーブーツ等は、アッパーを縫う前に甲の部分の立ち上がりのクセ付けをするクリピングと言う作業等がなされます。

そして、素材的に引っ張りに弱い物として、最もわかりやすい例がコードバンです。昔の職人さんは焼酎を口に含み、革に吹きかけて、裂けな様にふやかせながら作業していたと言う話を聞いた事が有ります。

そして、現在製作中の靴も同じで、霧吹きで水分を与えながら無理な力を加えずに木型に革を沿わせています。今はまだ芯が入っておらず、釣りこみ前の釣りこみ、プレラスティングです。

一晩このまま置いておいて、革がある程度木型の形を覚えたら、本釣りに入ります。この一手間で、靴にし難い革でも、デザインでも、靴にする事ができます。



DSC0775220170704181302.gif
先日御紹介させて頂きましたノルウィージャンウェルテッド製法のブーツですが、完成致しました。
DSC0775320170704181245.gif
L字に立ち上がったウェルト上に見えるスクイ縫いとそれに絡げた麻糸が特徴的な製法です。
DSC0775520170704181233.gif
底はミッドソールを挟んだリッジウィソールで、ウェルトと合わさり非常にボリューミーでグリップ力も十分です。
ご注文頂いた方が、北陸にお住まいの御客様で雪を見越した作りとなっております。
DSC0775920170704181225.gif
ですので、ベロも雪が侵入し無い様に、昔のスキー靴やスノーブーツ等と同じ袋ベロになっております。また、革も水の浸透が遅いシボ革を選択されました。
DSC0776320170704181254.gif
そして、アクセントでモカ縫いはスキンステッチと言う非常に洒落た雪の日対応のブーツになりました。

勿論、今日のハイテク素材が使われ、靴底に縫い目の無い、何ならアッパーにも縫い目の無いブーツの方が幾分機能的かとは思いますが、そのような素材も無かった昔の職人の知恵から生まれた作りのブーツを敢えて今日履くのは非常にお洒落だと思います。

快適装備が沢山ついた車がある今日、クーラーもついていないクラシックカーを敢えて選び、三角窓を開けて、自然の風を思いっきりを受けながら、少し日が暮れて涼しくなった時間帯にドライブする感覚に近いかと思います。

好きな人は、こういうのがとことん好きなんです。因に私もその口なんです。