DSC0743720161024102151.gif
コチラの靴はソールがボロボロで履き様のない状態で御持ち込み下さいました。
DSC0743820161024102204.gif
問題のソールはこの様な状態です。ウレタンソールが過水分解して、手で触るだけで砕け落ちる状態です。ウレタンは、丈夫な素材ですが、靴を履かなかったとしても、置いておくだけで経年の加水分解によってこの様な状態になってしまいます。
DSC0744320161024102359.gif
靴の製法はグッドイヤー製法ですので、靴底以外の部分に問題がなければ、問題なく修理することができます。

今回は、御客様が希望の仕様を簡単な絵にして御持ち込みくださいましたので、御希望の仕様での完全復活を目指します。と、言う事で靴底は勿論、雰囲気に欠けるプラスティック製のウェルトも交換するので外しました。
DSC0744620161024102349.gif
そして、本革ウェルトでリウェルトです。
DSC0746920161024102422.gif
そして、ソールの貼り合わせです。今回の仕様は5mmのソールにVibramのタンクハーフソール#2333になっております。
DSC0748320161024102637.gif
そして、ハーフソールも一緒に縫い上がりです。フマズはチャネル仕上げで、縫い目がソールの中に隠れて見えませんが、しっかりと縫われております。
DSC0748420161024102630.gif
そして、ヒールは革の積み上げをはさんでトップリフトはVibram#4333です。ハーフソールとの相性はいい感じですね。
DSC0748920161024102622.gif
DSC0748820161024102601.gif
そして、靴底、コバを磨き上げて、色を入れない素上げで完成です。
DSC0749020161024102612.gif
仕上がりはこんな感じです。恐らくオリジナルを凌駕した仕上がりとなったはずです。

以上、今回の修理は¥21500也。

デットストックの靴や、長期保管していたヴィンテージシューズを履こうと思うと靴底が砕ける様な場合、製法によってはこの靴の様に完全復活も可能です。アッパーのデザインが気に入っていて、革の状態がいい靴なら処分する前に是非ご相談下さい。それは、最高のレストアベースです。

錆びだらけのクラシックカーをピカピカの新車の様にレストアする感覚で、復活させて見せます。


DSC0747020161020183753.gif
コチラはオールデンの人気モデルのタンカーブーツです。買って間もないとの事ですが、残念な事にフックがぐらぐらで心配とご相談頂きました。
DSC0747320161020183735.gif
DSC0747220161020183744.gif
問題のフックはこのような状態です。緩く打ち込まれて浮いており、くるくる回ってしまいます。
DSC0747420161020183720.gif
DSC0747820161020183703.gif
裏はこの状態です。開いて中を見てみるとフックはアッパーのみに固定されている状態です。しかも、菊割りと言う止め方ですが、肝心の菊割りが割り切れていないのです。

写真で見て取れる様にアッパーの裏には補強のガラス繊維のテープが入っておりますが、紐を締め付ける度にアッパーにテンションがかかり続ける訳ですから、いつかはフックが抜けるか、最悪のケースではフックが抜ける事でアッパの内側から革を裂いてしまうかも知れません。

では、何故このつくりにしたのか?

足当りの問題?タンがあるからフックの裏が足に足あたる事は無い。
菊割りを見せたく無かった?下の鳩目の菊割りは丸見え
ミシンで縫いやすい様に?逆に縫い難くなっている。
等々.......。

色々考えましたが、納得のいく理由が見つかりません。

取り敢えず、現状のままでは良く無いと言うのは確かですので、最も理にかなった形で修理しようと思います。

DSC0747620161020183710.gif
一先ず全てのフックを外しました。
DSC0748020161020183648.gif
そして、新しいフックをライニングまで貫通させて座金で固定しました。

これで、テンションはアッパーだけでなく、ライニングにも逃げてくれる上、菊割りよりも外れにくく、安心して履いて頂けるかと思います。
DSC0748120161020182743.gif
以上、今回の修理はフック交換1コ¥300也。

今回はフックをフックに交換しましたが、靴によっては鳩目をフックにする事も可能です。脱ぎ履きが面倒な丈の長いブーツの上の鳩目をフックに変えると脱ぎ履きもしやすくなりますよ。

DSC0745420161019194347.gif
大阪はまだ暑いのか寒いのか解らない微妙な気候ですが、確実にブーツの修理依頼が増え、秋の到来を感じております。

そして、注文靴も同様にこの季節に合わせてブーツが完成致しましたので御紹介です。

カジュアルなシボ革でアンクル丈のバックルブーツをフルハンドでカジュアルで無骨にならない様に製作させていただきました。
DSC0745920161019194411.gif
DSC0745320161019194610.gif
ヒールのカウンターパーツには控えめの穴飾り、爪先にはイニシャルメダリオンが入っております。
DSC0746220161019194812.gif
そして、内フマズはヴェヴェルドウェストで横からの見た目はスマートに。そしてウエストのくびれを強調。
DSC0746320161019194815.gif
外フマズは、コバの張出しは控えめな角コバで少しカジュアル感も取り込んでおります。
また、フマズの処理との相性を考え、出し縫いのピッチはドレスシューズとカジュアルシューズの間のピッチで縫っております。これがアッパーの素材とデザインともいい感じにマッチしたと思います。
DSC0746720161019194830.gif
靴底の感じも外角コバ、内ヴェヴェルドウェストと言う事で、独特の表情を見せております。
今回のブーツはフルハンド、総手縫いでの仕上げで¥186840也。

今シーズンはもう間に合いませんが、来シーズンの秋冬にむけて年内色々妄想して、正月明けにご注文頂ければ来シーズンには妄想を現実化出来るかと思います。目一杯妄想を膨らませて下さい。

DSC0742320161007222101.gif
以前より靴のサイズに合った素材作りと題してちょこちょこ作業の様子を紹介させて頂きましたが、その結果がこの仕上がりとなりました。
DSC0742720161007222038.gif
DSC0743120161007222210.gif
DSC0742820161007222127.gif
コバの厚み、張り出し具合、ヒールの縦横比、ヒールの高さ、フマズのえぐり等、この靴のサイズを意識したバランスで仕上げております。以前紹介させて頂いた様な細々とした前加工が効いた結果だといます。
DSC0743520161007222315.gif
因にコチラの写真の左側が今回製作した小さいサイズの靴で、右が大きなサイズの靴です。

右の靴は大きなサイズの為、靴底にも充分な厚みが合った方が見た目のバランスが取れるだろうと言う事で、ソールもウェルトも以前御紹介した様な加工を施さず、ほぼ元厚のままの素材を使用して製作しております。
DSC0743620161007222241.gif
どれ程サイズが違うかと言うとこの感じです。この様に見るとサイズに合った素材作りの必要性を感じて頂けるかと思います。

以上、今回の注文靴はフルハンドでの製作で¥181440也。

フルハンドでの製作の場合、この様にとことん細部まで配慮して製作しております。今回ご紹介したのはその配慮の一部です。またの機会に見えない部分を御紹介させて頂こうと思います。

DSC0733720160924102235.gif
先日靴のウェルトの加工をご紹介致しましたが、充分な耐久性を保ちながら、見た目を華奢に仕上げる為の加工をソールにも施します。

ソールでは、歩き方のくせにも左右されますが、接地面(指の付け根の後方)が最も擦り減る場所です。その為、接地面には十分な厚みを残し、コバの側面に出て目に見える厚みは薄く、更にフマズ部分のコバの出巾を感じさせないベベルドウェストの仕様では、フマズ周りのソールをソールをアッパーに沿わせる為、最も薄く加工します。

これらの加工のため、ウェルトを縫い付け、概ねのコバの出巾を決めた状態で、ソールのゲージを作り、ゲージをもとにソールを切り出して、加工に入ります。
DSC0733820160924102231.gif
そして、実際に加工した状態で各所の厚みを計ってみました。

最も厚みが欲しいソール接地面中央部では約5.5mmです。
DSC0734520160924102027.gif
そして、コバの側面として目に見える部分の厚みは約4mmです。
DSC0734620160924102040.gif
最も薄いフマズ部分は約3mmです。

この様に目に見えない部分の細かい加工が、最終的な見た目と耐久性の差を生みます。

実際にこの前加工がどのような仕上がりになるか、また後日御紹介させて頂こうと思います。